ブログ

【 地元の誇り 】

「皆さまにとって地元の誇りとは何ですか?」

「どこですか?」

社内で聞くと、「宮島」、「厳島神社」、「広島カープ」、「お好み焼き」(決して「広島焼」とは言いません)といった答えが返ってきます。

「八丁座」のオーナー蔵本順子さんが、こんなことを仰っていました。

「テレビの街頭インタビューで、若い男の子が『地元の誇りは?』と聞かれ、『パルコ!!広島にもパルコがあるんよ。』と答えるのを見てガッカリしました。」

「八丁座」とは、広島市内で最も賑わう八丁堀交差点の一角にある、地元老舗百貨店福屋八丁堀本店の8階にある映画館です。先日、そのオーナーである蔵本さんのお話を聞く機会がありました。蔵本さんは、地元で映画館6スクリーンを経営されている、株式会社序破急の社長さんです。

福屋の8階には以前、1975(昭和50)年に開業した松竹系の映画館がありました。しかし、シネコンが映画館業界を席巻する中、来場者数が減少し、残念ながら2008(平成20)年4月に、33年間の歴史を終え閉館となりました。一般社団法人日本映画製作者連盟がまとめた映画館スクリーン数の変遷を見ると、1960(昭和35)年のピーク時に7,457スクリーンあったものが、1993(平成5)年には1,734スクリーンと、ピーク時の2割強にまで減りました。しかし、その後はシネコンの台頭もあり、3,339スクリーンにまで回復しましたが、そのうちシネコンは2,774スクリーンを占めています。つまり、いわゆる「映画館」は、シネコンを差し引くと565スクリーン。ピーク時の7.6%にまで減ったことになります。

そんな中、「八丁座」は2010(平成22)年11月26日にオープンしました。

オーナーの蔵本さんは、「昔は広島市内中心部だけでも50を越える映画館がありました。どんなに小さな商店街にも映画館があり、文化と娯楽の中心でした。しかし、街中から映画館が消えました。もう一度、広島のど真ん中に映画館を作りたかったんです。」と仰っていました。

「八丁座」のホームページには、「広島愛と映画愛の総力を結集して誕生した映画館です!!」と書かれています。

オープンの一年以上前、蔵本さんが銀行に「八丁座」の計画を相談したところ、どの銀行からも断られたそうです。銀行だけでなく、配給会社はもちろん、映画関係者全ての方から「無理。」、「失敗するからやめておけ。」と言われたそうです。しかし、これまでに培った映画館経営の歴史を背景に、新しい映画館への夢を熱く語り続けていると、一人また一人と応援してくれる人が増えていきました。そして、銀行の担当者が理解のある方に代わったこともあり、半年後には承認を得られたそうです。

その後すぐに、蔵本さん自ら弊社社長にお電話がかかりました。

「映画館の椅子を作ってほしい!!」

弊社の商品はホームユースが中心です。機能と強度、そして価格の安さが優先される映画館の椅子を、自社では作ることが出来ないのではないか、とみんなが思いました。

そんな感覚のまま、担当者が他社商品のカタログを持って提案に行ったところ、「こんなものをマルニさんに求めてはいません!!」と一蹴されて帰ってきました。後日談ですが、蔵本さんはその時のことを振り返り、ご自身の想いとのあまりの温度差に、「めまいがし、卒倒しそうになった。」と笑いながら仰っていました。

「あの人、本気ですよ。」担当者が漏らした言葉です。

その迫力に悔しさを覚えた弊社スタッフは必死で考えました。「うちの技術をどうやって生かすのか。」そればかり考えていました。そして1ヵ月後、パーソナルソファをベースにしたデザインが完成し、ようやく喜んでいただけるかたちが出来上がりました。価格は通常の映画館の椅子の約5倍です。ちょうどオープンの半年前、2010(平成22)年5月のことでした。

その後、6月に蔵本さんが試作検討会と工場見学のため来社されました。試作品の仕上がりを見て、とても喜んで下さいました。そして、「椅子を主役にしたいんです。」と言われ、みんなが鼓舞されました。生産準備が進み、生産に着手したのが8月です。それからオープンまでの実質2ヶ月の間、現場の職人はもちろん、関わったスタッフ総出で残業と休日出勤を繰り返し、通常月の約1.5倍分もの生産をやり遂げました。みんな、ご期待に応えようと必死でした。

オープン直前に、蔵本さんが地元の朝のラジオ番組に出演されました。パーソナリティーの質問に一つ一つ答えられていましたが、最後に、「椅子はマルニさんですよね。高いでしょう。」と聞かれると、蔵本さんは、「高いです。見積書が来ていますが、見たくありません。でもあの工場の職人さん達の丁寧なモノづくりを見ると値切れません!!」と答えられました。ラジオを聞いていた社員みんながこの一言に大きく心を動かされました。今、思い出しても鳥肌が立ってきます。

また、話題になりつつあった「八丁座」を取材しようと、地元テレビ局数社が工場まで来てくれました。そして、「八丁座」の皆さんの想いを形にする現場を撮影してくれました。後日、テレビ局の方に聞くと、「八丁座」の特集への反響は非常に大きかったそうです。

しかし、オープンを目の前にして、様々な問題が起こりました。ビルのエレベーターはとても小さく、240脚もの椅子を搬入するには非常に時間が掛かります。しかも、搬入は百貨店の営業時間外に行うため、結局、約3週間、毎晩深夜から明け方まで、搬入と設置作業を繰り返しました。空調が効かない中で、11月の現場は非常に寒く、大変でした。しかし、時間はかかりましたが、全てのものがきちんと図面通りに仕上がっており、現場での微調整は一切ありませんでした。

そして、2010(平成22)年11月26日、ついに「八丁座」がオープンしました。

オープニングレセプションで、蔵本さんは映画館に関わった一人一人、一社一社にお礼の言葉を贈られました。それを聞きながら、涙を流される方もいました。弊社には「この劇場の主役はマルニさんがオリジナルで作ってくれた椅子です。」と言っていただき、感激しました。

オープンしてこれまで、「八丁座」には多くのお客さまが来られているそうです。座席は、快適に鑑賞していただけるように工夫された大きな椅子や、畳を敷いた鑑賞席などがゆったりと配置されています。そのため、以前あった松竹系の映画館では、スクリーン1に348席、スクリーン2に150席あったものが、それぞれ170席と70席に減りました。それでも、「八丁座で映画を見たい!!」と来場されるお客さまは増えており、運営は好調だそうです。オープン後、最初の土曜日には全国の映画館ランキングで第12位に入ったそうです。上位の殆どは東京の映画館が占め、広島で最も賑わうシネコンでさえ、大ヒット作品が上映された時に40位以内に入るかどうかというものです。蔵本さんも、「驚きの成果」と仰っていました。アカデミー賞受賞作「英国王のスピーチ」の上映が始まると、全国トップ10に入ったそうです。

こうして結果が出始めると、それまでは相手にもされなかった日本トップの映画配給会社から、約30年ぶりに、「うちの映画を上映してほしい」と言われたそうです。その時の蔵本さんの感想は、「やった!!」、「これまで頭を下げなくて良かった!!」(…正確にはもう少し荒い言葉でした)。お話をお聞きしている私たちの脳裏にも全く同じ言葉が浮かびました。全国から多くの映画関係者が来られ、皆さん、「非常に非効率な劇場ですね。」と言って帰られるのが、またとても嬉しいんだそうです。

蔵本さんは、「何十年ぶりに映画館に来たんよ。」とか、「リタイアして時間が出来たけえ、買い物ついでに来てみたんよ。」と言われる方がたくさん来られるのが嬉しいと仰っていました。「『あの椅子に座ったら他の椅子には座れんよ。』と言われるんです。」と嬉しそうに話されていました。一方で、時には「汚されたくなかったら、こんなに高い椅子を使いんさんな。」というご意見もあるそうで、そんな方には、「ご自宅にいると思って、自由に汚してください。」と答えられているそうです。それについて、蔵本さん

「私たちが丁寧に掃除すればいいだけですから。」

今、日本人の年間映画鑑賞回数は、一人当たり平均1.27回なんだそうです。蔵本さんは、「八丁座」に来られる方に、「もう一度来たい」と思ってもらえるよう、「ENDMARK」という上映中や上映予定の作品紹介とスタッフのコメントなどをまとめた小冊子を配られています。

そして、お話の最後に、蔵本さんは「八丁座」の成功について、こう話されました。

「『言霊』です。『八丁座』のオープンは決死の覚悟でした。でも、言葉に出し続ければ実現するんですね。」

「あなたにとって地元の誇りとは何ですか?」

「どこですか?」

そう聞かれて、最初に「八丁座」と答える人は、まだ殆どいないと思います。しかし、多くの人が訪れ、心を動かされ、いつしか広島市民にとって「地元の誇り」として当たり前のように挙げられる日が来るのではないかと思っています。

蔵本さん、そして「八丁座」に関わった多くの人達の夢の一翼を担えたことに、社員一同、心より感謝しています。