FSC認証取得

マルニ木工は、「FSC の森林認証制度」を通じて、森林保全や地球温暖化防止を支援しています。
日々、自然環境を守り限り有る資源を大切にしながら、人にやさしい家具づくりを実践していくことを心がけてきました。その中で違法伐採などで減りつつある森林資源の保全と育成を推進する自然環境への取り組みの一つが「FSC の森林認証制度」です。マルニ木工は、「FSC の森林認証制度」を通じて、責任ある森林資源の調達を行い、それを利用した製品を供給することで森の恵みを受ける企業として社会貢献に努めています。

FSC認証とは?

FSC(Forest Stewardship Council 森林管理協議会) とは、独立した第三者機関が森林管理をある基準に照らし合わせ、それを満たしているかどうかを評価・認証していく制度を「森林認証制度」と言います。
FSCは、世界中全ての森林を対象とし、環境保全の点から見て適切で、社会的な利益にかない、経済的にも継続可能な森林管理を推進することを目的としています。このような森林管理がなされているかどうかを信頼できるシステムで評価し、適切な管理がなされている森林を認証します。また、このような森林から産出された木材・木材製品に独自のロゴマークを付け、認証を受けた森林から来ていることを保証するものです。このロゴマークの付いた製品を幅広く流通させることにより、世界の森林保全へ向け、森林管理者から、木材・木材製品の消費者に至るさまざまな関係者を一体化しようとする取り組みで、認証制度には、2 つの形態があり、森林の管理が対象で森林資源や森林環境に配慮しているかを審査・認証する「FM 認証」(Forest Management: 森林管理) と、加工・流通業者が対象で、加工・流通時に認証を受けていない林産物が混ざらないように管理ができているかの審査・認証する「COC 認証」(Chain of Custody: 加工流通過程の管理)があります。