リフォーム事例

カテゴリー:リビングチェアの張替え の記事一覧

事例|No.010

今回、お預かりした製品は65号肘掛椅子。初見ではマルニ製品かどうかもわかりませんでしたが、裏面に「孔雀マーク」がありましたので間違いなくマルニ製品で、昭和28年(1953)ころ発売、昭和38年(1963)までカタログに掲載があったとマルニ木工創業50年史に辛うじて掲載がありました。実に半世紀以上を経てリフォームに戻ってきました。

 

65号肘掛椅子は応接セットの初期のもので今日のリビングセットの源流となったと言われた(65号には一人掛け以外に二人掛けもあった。)興味深い製品です。一般家庭では戦後しばらくの間はちゃぶ台が主流、団地の登場は昭和30年に入ってから、応接セットに取って代わるのは昭和30年半ば以降であったので、商品開発として先駆け的とも言える。

 

そして木部はブナ材。おそらくは国内材、もしかすると中国山地のものかもしれない。マルニ由の地、廿日市は中国山地の木材を積み出す拠点であり、中国山地のブナ材が創業時の曲木椅子の発展の礎でした。

 

しかし戦後復興で、生活様式は洋風化、家電時代の幕開けで、テレビ、こたつなどの普及で木材需要は高まり、昭和30年後半には国内材は枯渇、輸入材へ切り替わり、家具業界のモノづくり、取り組みが変わり始めた時期がこの頃でした。 

 

  リフォームの製品は、写真でもお分かりのように座面が底抜け、座裏からコイルバネが出てきてさらに藁が細かく吹きこぼれている状態でした。こちらを全て分解してコイルバネを組み直しクッションになる素材を張り直していきました。ファブリックは、もともとのエンジのモケットに近いものを再び張り込みしました。座面の膨らみが見た目にも違います。そして木部の肘、脚部にも塗装を施しました。

 

全て完成しましたら古さを感じるどころか、現行製品といってもおかしくない可愛いさです。戦後まなしの製品はコンパクトなもので、過飾でないシンプルな装いは時代を感じさせません。座面が底抜けしてからは座って寛ぐことはできなかったと思いますが、また愛着をもってお使いいただけることでしょう。65号肘掛椅子は製造されて50年以上経過したものでしたが、木部がしっかりしたものでしたのでリフォームで蘇りました。もし思い出のある椅子が、座り心地が悪くなったままになっていましたらリフォームして気持ちよくお使いいただいてはどうでしょうか。当時の思い出も蘇ることでしょう。

事例|No.009

今回、お預かりした製品は「地中海」シリーズ ニース(No.4097)パーソナルチェアです。1980年シリーズ発売当時から現在も販売している定番製品の一つです。ファブリックも発売当時より長く愛されたファブリックでした。「地中海」シリーズのコンセプトに沿った、南仏の光あふれる輝きを美しく洗練されたパターンと色彩、光沢のあるプリント柄で張り込み1996年までカタログに掲載されていました。20年以上、大切にお使いいただいたようですが、クッションのヘタリ、肘部の籐に破れが出ていました。見た目にも痛々しく綻びがどんどんと広がりそうでした。

 

 そこで籐の張り替え、ウレタンの交換、そして塗装補修まで行い、ファブリックは温かみのあるものをチョイスされました。見た目はもちろん、座り心地も見た目も新たな装いとなりましたが、どこかしら、時を刻んだ佇まいで、新品とは少し違う面持ちを感じます。今回使用したファブリックは、暖かみのある小花柄で風合いの良いベルギー製のもの。リフォーム担当が、張り替えでおすすめする機会が多いファブリックの一つで、トラッド系のリフォームに相性がとても良いものです。

 

 マルニでは、長く定番として販売している商品も多数ありますので、リフォーム実績も多数ございます。製品に相性の良いファブリックも担当者よりご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

事例|No.008

今回リフォームにお預かりした製品は、1970年発売のホルン(No.4251 後に4451)アームチェア。実際の販売は6年間と比較的短かったのに驚かされるが、肘部分のふくよかな膨らみ、肘前の特徴的な木部の装飾が、ホルン=角笛のネーミングとマッチして印象的だったようです。マルニは、1967年エジンバラ、1968年ベルサイユ、1969年ルーブルと重厚なトラディショナルデザインを立て続けに発売してきたが、1970年大阪万国博覧会が、志向の変化を促したのか、それ以降の数年はボリューム感を持たせた曲線的なデザインのモダンテイストの商品開発が一気に進んでいった。その中の一躍を担ったのがホルンでした。

 

 発売当時のカタログには、ブラックのビニールレザーを使用されていたが、今回の商品は、ベルサイユに代表的に使用されたブラウンのビニールレザーでした。当時、別注張りをオーダーされたのかもしれません。長年のご使用でビニールレザーの表面が剥がれ落ちベース布が辛うじて中身のウレタンを包んでいるようでした。ほぼ製造後50年は経過していますので背座のボリューム感なくなっていましたが、ホルンの特徴である、ふくよかな肘のディテールと肘前木部の装飾は、当時の面影を見て取れました。

 

リフォームでは、古いビニールレザーを全て取り去り中身のウレタンも全て交換しました。張り素材は、永年劣化で硬化した当時のビニールレザーから消臭・抗菌効果のあるドミテックス(光触媒機能付き合成皮革)に張り替え、ソフトな手触りとともにクッションの弾力も元通りです。明るめのオーカーブラウン色を使いましたのでカジュアルな仕上がりになりました。

 

 

ホルン アームチェアは、後ろ足にはキャスターをつけ、移動の容易な工夫がされていました。今ではベッドなどにも一部キャスターを取り付け一人でも移動しやすくした機能は見受けられますが、早くからそういった創意工夫の意欲に満ちていたようです。さらに後年(1975年)、ホルンのデザインと同じくしたプラスベット(ソファベッド)を追加発売。ホルンの曲線的なデザインのままプラスベッドに仕上げるには、当時としても高い技術力を必要としたと思われます。こうした新しいデザインへの試み、既存にない機能への試みへの機運が高かったも1970年代とも言えるでしょう。

 

 

製品の説明が長くなりましたが、リビングチェアは、レザー、ファブリックを張り替えることで思いもしなかった仕上がり具合を見せます。現在のトレンドに張り替えることで家具が再び蘇ります。お使いの製品の写真とともにマルニショールームにお越しいただいて実物のレザー、ファブックをご覧になるのも家具のリフォームの第一歩です。お気軽にショールームスタッフにてお尋ねください。

事例|No.003

先日、リフォームに戻って来た製品は、1970年代に製造された製品で、古いマルニロゴが使用されていました。通称「孔雀マーク」と言っており、1952年(昭和27年)-1976(昭和51年)に製造された証です。この孔雀マークにはいくつかバリエーションがあり、知らないデザインのロゴを見つけるもの一つの楽しみでもあります。

 

この製品は、アルバート(No.4494)リビングチェアと言う製品で、「孔雀マーク」最後のころに登場したもの。1975年に採用された製品ですので、1975~76年にご購入いただいたことがわかります。アルバートは、背もたれの彫刻、猫脚、伝統的なゴブラン織りのファブリックと当時の高級リビングチェアの一つです。

 

お預かりした製品は、長年のご使用でクッション、肘掛のファブリックが擦り切れ中身が見えてしまっていました。それでも40年近くも大切にお使いいただいたおかげで、当時のゴブラン織りの絵柄はまだまだ鮮明でした。

 

今回は、ファブリックを花柄からストライプへ張替えとともに、内部のクッション素材ももちろん交換、鋼バネも補強、メンテナンスすることで、見違える座り心地になりました。

 

当時は、渋めのトラディショナルと銘打っておりましたが、シンプルなトラディショナルに生まれ変わりました。彫刻は流麗に彫り込まれた当時のままですので、新品にはないアンティークの装いも感じさせられます。

 

リフォームには、40年近くご使用されたものが、時おり見受けられます。このように大切に使われ、愛着のある家具をリフォームできることは、とても嬉しいことです。皆様のご自宅で使われている家具も、古いからとあきらめずに、ぜひ一度ご相談ください。

事例|No.001

 

マルニロゴ 通称・孔雀マーク

今回は、1970年ごろに生産された「みやじま」のリフォームです。製品には、1952年より採用したマルニロゴマーク、通称・孔雀マークが貼られており、おそらく40年以上も大切に使用された様子が伺えます。

 

「みやじま」(1960年発売)は、シンプルで気取らないデザインで、ロングセラーの商品でした。簡単なノックダウン方式を使用したデザインと機能を両立した製品でした。こちらを2006年に「マルニ60」として再販、シンプルで気取らないデザインが今なお認められ、インテリアショップなどで好評です。

 

話をリフォームに戻して、こちらは以前に他の業者でファブリックを張り替えられたようで、おそらく2度めのリフォームになります。今回は、ファブリックをモノカラーの落ち着いたベージュ色を使い、プラスベルト(伸縮性のあるベルト)も張り替えしフレーム座の弾力を強化、木部の修復を行い、見た目はもちろんですが、座り心地も改善しました。新たに生まれ変わった「みやじま」をとても喜んでいただけました。

 

「みやじま」は、置きクッションタイプで、フレームにクッションを置くだけですが、当初よりフレームにも伸び縮するベルトを使ってクッション性を高めていました。しかしこちらも痛み、リフォーム前の写真にあるように細引き(ロープ)で代用されていたようです。こちらも最新のプラスベルトを施して、座り心地を改善しました。見えない箇所ですが手は抜けません。

 

傷んでしまってと思われている家具もメンテナンス次第で、現代のインテリアにマッチするかもしれません。ぜひ、一度ご相談ください。