マルニ木工WEBサイトはこちら
  • お問い合わせ
  • ショールーム・工場のご案内
  • ご購入前にお読み下さい
  • 特集
  • トピックス

品質・お手入れ方法について

家具のお手入れ方法

木部

木部

柔らかい布で乾拭きをします。化学ぞうきんなどは使用しないでください。
汚れのひどい時は中性洗剤を3〜5%に薄めたぬるま湯に浸した柔らかい布をよく絞り、汚れを拭き取ってください。その後、よく水拭きをしてから、柔らかい布で乾拭きをして自然乾燥させてください。

ファブリック

ファブリック

日常のお手入れは掃除機で織り目や隙間に入ったほこりを吸い取ってください。
汚れたときは中性洗剤を3〜5%に薄めたぬるま湯に浸した柔らかい布を軽く絞り、表面をたたくようにして拭き取ってください。その後、水拭きをしてから自然乾燥させてください。カバーリング対象商品はカバーの洗濯表示ラベルに従ってクリーニングしてください。(縮みや色落ち、素材感が変る恐れがあります。)

皮革

レザー

柔らかい布で乾拭きをします。化学ぞうきんなどは使用しないでください。
汚れた場合は、家具専用レザークリーナーで磨きます。(クリーナーは直接革に吹きつけずに、柔らかい布につけてください)汚れのひどい時は中性洗剤を3〜5%に薄めたぬるま湯に浸した柔らかい布をよく絞り、汚れを拭き取ってください。
その後、よく水拭きをしてから、柔らかい布で乾拭きをして自然乾燥させた後に、レザークリーナーで磨いて下さい。

化学物質に過敏な体質のお客様へ

ホルムアルデヒドに限らず、シックハウス症候群に該当する化学物質は人によって許容量が異なります。長期間ホルムアルデヒドにさらされることで、人体への蓄積量がその人の許容範囲を超えたときにアレルギー症状が発症します。
したがいまして、例えばホルムアルデヒドの室内濃度が厚生労働省の定める指針値の0.08ppm 以下のわずかな濃度であっても、反応する体質の方もいらっしゃいます。
現段階では弊社の製品におきましても、ホルムアルデヒドをはじめとするVOC(揮発性有機化合物)の低減には努めておりますが、放散が皆無ではないことを予めご了承ください。(*1ppm:百万分率のことでparts per million の略)
詳しくはこちらよりご確認いただけます。
http://www.maruni.com/jp/products/health

塗装について

ウレタン塗装

表面にウレタン樹脂塗膜を形成する塗装です。木の表面を樹脂で覆うので傷に強く、水によるシミもできにくくなります。また樹脂の厚みを変えることができるので、オイル仕上げのように木の表情を活かしたうすい塗膜の仕上げも可能です。

オイル仕上げ

オイルを木の内部に染み込ませて仕上げる塗装です。木目がそのままはっきりと出るので木の素材感が味わえます。水などの水分を長時間放置しておくとそのままシミになりやすいので、定期的なオイルの上塗りをお勧めします。家具を長持ちさせる秘訣です。

オイル塗装

ウォルナット材について

ウォルナット材は、色の濃い部分と色があまり入っていない部分(白太)とが混在している特徴があり、その独特の表情が人気の木材です。

マルニ木工では、ウォルナット材の風合いを生かしながら色合いのバランスを整えたWB-1仕様、またウォルナット材特有の風合いをそのまま表現したC-0仕様の2つのバリエーションをご用意しております。

WB-1/ライトブラウン色仕様

ウォルナット材にライトブラウン色の塗装を施し、色合い全体のバランスを整えた仕様です。

C-0/ナチュラルクリア色仕様

ウォルナット材の風合いそのままに、補色を施していない仕様です。そのため、全体的な色の濃淡にばらつきがでてきます。
より自然な風合いをご希望のお客さまにお勧めの仕様ですが、色合いのばらつきによる返品はお受けしておりませんので、ご了承下さいませ。

そのほかお手入れ方法や使用上のご注意につきましては、こちらのページをご覧ください。
よくある質問|マルニ木工サイト