新着情報

HIROSHIMAアームチェアが2020年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞


この度、マルニ木工のHIROSHIMAアームチェアが、2020年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞いたしました。
2008年に深澤直人氏と協働をはじめた最初のプロダクトであり、その後のマルニ木工の展開や取り巻く環境を大きく変えてくれるきっかけとなりました。誕生してから12年とロングライフデザインの中ではまだ新しいプロダクトとなりますが、100年経っても「世界の定番」として認められる木工家具をつくり続けるというビジョンを胸に、創業当時から続けてきた精緻なモノづくりを高く評価されたこと、大変光栄に思います。

 

<審査委員の評価コメント>
2008年に深澤直人氏を迎えて、世界に向けてMaruniブランドを発信する第一弾のデザインとして誕生しました。以来、錚々たる世界の家具デザインの領域において、「MaruniのHIROSHIMA」だけで通用する日本発のデザインとして認められた意味は大きいものがあります。アップルの新しい本社にも数千脚のHIROSHIMAアームチェアが採用されるなど、その存在は不動のものになりました。マルニ木工の90年におよぶ木工技術の積み重ねがあって初めて実現したこのデザインは、日本の木工技術レベルの高さを世界に示し、世界の中で確たる存在として大変重要なデザインになっています。スタートして12年ですが、これからの100年を目指したロングライフデザインであるとも言えるでしょう。

詳細はグッドデザイン賞のウェブサイトをご覧ください。