新着情報

「ふしとカケラ」モノづくりストーリー vol.3

「ふしとカケラ MARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」のモノづくりストーリーの最後となる今回は、HIROSHIMAアームチェアのデザイナーである深澤直人氏とminä perhonenのデザイナーである皆川明氏の本企画について語っていただいたコメントをご紹介いたします。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

きれいな木目の部分だけを使って作られる家具の清浄さには魅力がある。反対にふしやカケラを繋ぎ合わせて作られる家具にはまた違った味わいもある。端材やカケラを無駄にせずものづくりをするとものにやさしい思いがしみ込む。たった一つしかないものができる。これは自分だけのオリジナルになっていく。
自分だけの椅子がほしい。自分だけの座がほしい。自分だけの木目がほしい。そこに使う人の愛がしみ込んでいくものをみんな欲しいに違いない。
深澤 直人

このHIROSHIMAを手でなぞる時、作った人の仕事への愛着が伝わってくる。微妙なカーブと滑らかな感触は作り手の想いの姿だと感じられるからだ。だからこそ工程の途中に現れる‘ふし’という個としての証が愛おしく感じられる。木目が木の生きた時の経過の景色だとしたら‘ふし’は木の生命が通った出来事の記憶のようなものではないだろうか。ミナ ペルホネンの布のカケラも時の経過の中で集められたもの達だ。みんな少しずつ違う。それは自然の生命と同じことなんだ。
minä perhonen 皆川 明

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
   
意外にも初めてのコラボレーションとなった深澤直人氏と皆川明氏。国内外で活躍される二人のデザイナーとともに出来上がった「ふしとカケラMARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」。今回のイベントでしか見ることができない、一つひとつ異なる表情のアイテムたちは、愛着がわく、自分だけの特別なものとなることでしょう。ぜひお越しください。