松屋銀座7階・デザインギャラリー1953にて企画展「世界を変えた日本の木の椅子 – HIROSHIMA –」を開催

松屋銀座7F・デザインギャラリー1953にて、2月21日(水)より第787回デザインギャラリー1953企画展「世界を変えた日本の木の椅子 -HIROSHIMA-」が開催されます。

HIROSHIMAは2008年にプロダクトデザイナーの深澤直人氏と弊社との協働により生まれました。「工芸の工業化」をモットーに1928年の創業以来続けてきた弊社の精緻なモノづくりが活かされ、工芸的な手のぬくもりと清浄さを感じさせます。今ではApple本社で数千脚使用され、G7広島サミットにも採用されるなど、大変光栄なことに世界から注目していただける日本の木の椅子になりました。
会場では実寸大の模型やパーツ展示、製造工程の写真なども交えながら、世界に広がり続けるHIROSHIMAをご紹介いただきます。
ぜひご来場ください。

/// 第787回デザインギャラリー1953企画展「世界を変えた日本の木の椅子 – HIROSHIMA –」 ///

会期:2024年2月21日(水)~ 4月15日(月)最終日午後5時閉場・入場無料
会場:屋銀座7階・デザインギャラリー1953
主催:日本デザインコミッティー
協賛:株式会社マルニ木工
協力:藤井保(本社眺望写真)、モダンリビング
展覧会担当:深澤直人
企画展ページ:第787回デザインギャラリー1953企画展「世界を変えた日本の木の椅子 – HIROSHIMA –」

ー ずっといい木の椅子をデザインしたいと思っていたが、木の椅子をデザインすることは簡単なことではない。マルニ木工との出会いがその思いを実現させた。マルニ木工の複雑な形に削り出す加工技術を体感して、無垢の木を彫刻のように削り込んだ工芸的な椅子をデザインしようと思った。デザイナーと作り手の思いが重なり生まれたHIROSHIMAは、わたしとマルニ木工の中で思い入れの強いアイコン的存在になった。(デザインギャラリー1953 企画展 展覧会担当 深澤直人からのメッセージより)