新着情報

松本俊明,Piano Solo Salon Concert 2012 in Hiroshima

MARUNI PRESENTS
Toshiaki MATSUMOTO,
Piano Solo
Salon Concert 2012
in Hiroshima

2012/10/21(日) 18:00 開演
主催:(株)マルニ木工
お問合せ :マルニ木工 広島ショールーム
会場  :マルニ木工広島ショールーム

お申し込み
お電話、又はメールにて事前にご予約下さい。
TEL  0829-20-1121
EMAIL hiroshimasr@maruni.com

【会場への交通アクセス】
〒738-0023
広島県廿日市市下平良2丁目1番66号
駐車場に限りがありますので、公共交通機関をご利用下さい。
JR廿日市駅下車南へ徒歩15分/広電廿日市市役所前(平良)駅徒歩8分

【松本俊明 プロフィール】
現在、日本のみならず世界の音楽業界でも注目を集める作曲家・ピアニスト。幅広いジャンルのアーティストに数多くの作品を提供。その洗練された力強いメロディは高い評価を受けている。
作曲家として、MISIAとのコラボレーションが注目を集め、「忘れない日々」、「Everything」、「果てなく続くストーリー」がいずれも大ヒットを記録。その中でもドラマ主題歌に起用された「Everything」は200万枚を超えるセールスヒットとなり、この楽曲により松本は2002 JASRAC(日本音楽著作権協会)賞・金賞を受賞。2010年 JUJUの「この夜を止めてよ」は、着うたフルチャートで1位を獲得。その年の"最も泣ける歌"として話題を呼ぶ。同曲はロングヒットを記録し、2011年「第53回日本レコード大賞・優秀作品賞」を受賞。
音楽活動以外でも、2008年には自らのロンドンでの実体験をもとに描かれた初の執筆本『hope』(ポプラ社)を出版し、執筆家としても活動の範囲を広げている。オンエアされるや視聴者からの好評の声を受け当初の放送期間を延長し、異例の8ヶ月連続放送となったNHKみんなのうた「グラスホッパー物語」(2005)の原案もこの中に収蔵され、好評を博す。2011年放送NHKみんなのうた「エレファン」(作詞・作曲・プロデュース:松本俊明)は放送開始から大きな反響とともに話題となる。2012年3月放送のNHK土曜ドラマスペシャル「それからの海」の劇中音楽を担当。(2011年3月11日あの日、被災した人々は、いま何を思うのか…。被災地の今と、希望ある未来を見つめる物語。)劇伴作曲家としても活動の幅を広げる。
ピアニストとしては、2004年に自身のソロ・アルバム『PianoiaⅠ』を、2006年には『PianoiaⅡ』、2009年には3部作完結編『Pianoia』、2011年には『五線紙と白地図』をリリース。国内外のコンサートを成功させている。<作曲家/ピアニスト/サウンド・プロデューサー

【代表曲】 (抜粋)
メリークリスマスが言えない(稲垣潤一),夢がMORIMORI(森口博子),忘れない日々(MISIA),果てなく続くストーリー(MISIA),Everything(MISIA),Two As One(Crystal Kay×CHEMISTRY),ONE(AI), 永遠(パク・ヨンハ),この夜を止めてよ(JUJU),涙のシーソーゲーム(AKB48),トゥ・ユー(シェネル),予感(坂本冬美),エレファン(手嶌葵 /NHK「みんなのうた」),光あるもの(大山百合香/ NHK BS「関口知宏の中国大陸鉄道大紀行」),琥珀色の記憶(NHK紀行ドキュメンタリー「こんなステキなにっぽんが」)