リフォーム事例

リフォームブログ

熟練した職人が大切に行う家具のリフォーム。事例や修理の工程などについて担当スタッフが情報をお届けいたします。

飾り鋲

マルニ木工の家具には大小さまざまな工夫がたくさん詰まった椅子がたくさんあります。
一つだけを見ると「そんなこと」と思われるようなことも、そうした小さなことの積み重ねにより上質な家具を生み出しています。
その中でも今回は、飾り鋲についてご紹介します。

鋲の種類について

◇ 連結された鋲

[メリット]
・止める箇所が少なく作業が簡単。※1
・鋲同士が固定されているため仕上がりが均一になる。

[デメリット]
・連結している繋ぎ目が見えてしまう。※2

◇ 一つ一つ独立した鋲

※鋲同士がつながっているように見えますが、工具にセットしやすくするため、ひとつひとつのビスを白いガイドにセットされているだけです。

[メリット]
・仕上がり、見え方がきれい

[デメリット]
・一本一本打たなければならないため時間がかかる。
・鋲のラインを安定させることが難しい(職人の技術によるところが大きい。)

マルニ木工では一点一点打ち込みが必要な独立した鋲を使用しています。
連結された鋲の方が作業性ははるかに良いのですが、弊社スタッフの話を聞くと、仕上がったときの見た目が全く異なるそうです。

鋲の取り付けの工程

鋲打ちタッカーという専用の工具を使って鋲を打っていきます。
何の目印もない中で、まっすぐに鋲を打っていく様子は職人技です。

何度もお張替えをいただいているお客様ですと、鋲の穴が広がってしまい、鋲を打っても留まらないことがあります。
その時は打ち込み部分が長いものを使用することで、しっかりと鋲を留めることができます。

人の手で一つ一つ打ち込むため、機械のように均一な仕上がりになるかと言われるとそうではありません。しかしながら、このような僅かなズレは揺らぎとなり、手仕事であることが分かると同時に温かみや味わいが増し、愛される商品になっていくのではないでしょうか。

-----------------------------
修理の詳細は こちら
修理のお問い合わせは こちら

椅子の張替:背の籐張りから布張りへ(S様邸)

椅子の修理をご依頼くださったS様はDIYの達人です。
ご自宅にあるあらゆるものをご自身で作られているそうです。
そんなS様との打ち合わせでは、「こういうことはできるの?」と様々なアイデアが飛び出してきました。その一つに椅子の背の籐張りを布張りに変えるというアイデアでした。

そこで今回は、背の籐張りを布に張替えた事例をご紹介します。

①剥がし
通常の張替同様、籐を剥がしていきます。

②土台作り
籐張りの椅子には生地を張る土台が無いため、土台を新たに作ります。

土台となる材料に型紙を当てて切り出します。切り出した土台にウレタン、生地を張っていきます。端までウレタンが詰まっていないのは、木枠に接着する部分のためウレタンは付けません。(のりしろ部分)

③完成

背の籐を生地に張り替えることで、シャープな印象から少し柔らかみのある優しい印象の家具に生まれ変わりました。

④背の布張りから籐張りへの変更について
こちらの対応はできません。

理由は椅子に彫ってある溝の幅が若干異なるためです。
籐を張る際には籐を抑える籐芯と呼ばれる部材があります。※左端写真ご参照。
布張りの椅子は溝の幅が広く、籐芯を溝にはめると隙間が生じてしまい、籐芯がうまく固定できません。そのため、布張りから籐張りへの変更は承ることができません。

せっかく修理をするのだから、思い切り印象を変えてみたいと思っていらっしゃる方は、一度お試しいただけましたら幸いです。

-----------------------------
修理の詳細は こちら
修理のお問い合わせは こちら