リフォーム事例

リフォームブログ

熟練した職人が大切に行う家具のリフォーム。事例や修理の工程などについて担当スタッフが情報をお届けいたします。

把手の交換方法

マルニ木工ではチェストの把手の汚れ、破損した時のために部品を販売しております。
部品の種類については下記をご覧ください。
https://www.maruni.com/jp/qa/post-19449.html

基本的にはお客様に部品をお送りし、お客様ご自身で交換をお願いしております。
しかしながら、古いタイプと、新しいタイプで把手の取付方法が異なるものもあるため、戸惑われてしまうお客様もいらっしゃるかもしれません。

そこで、今回はマルニカン(大)という部品を例に交換方法をご説明いたします。

①把手の留め方の違い

現行品は、ビスタイプになります。
ナットタイプの把手をお使いの方が現行品のビスタイプへ変更される際の手順をご説明いたします。

②キャップ取り外し

把手の裏側をご覧いただくと、ナットをカバーするキャップが付いています。
キャップと板の隙間にカッターなどを差し込んでいただき、取り外します。
※このキャップはビスタイプでは使いませんので、破損してしまっても問題ありません。

③ナットの取り外し

キャップを外すとナットが見えます。ナットをペンチでつまんで回していただくと、ナットが外れます。
※ラジオペンチのような先が細いペンチの方がつまみやすいです。
※もしつまめない場合は、黒い樹脂パーツ部分をカッターで切り取るとつまめます。

④ビス穴の拡張

ビス穴が小さく、お送りしたビスが穴に入らないことがあります。その時は部品を取り付ける前にビスのみをビス穴に当て、少し強めにビスを回していくと、穴が広がり、ビスが入ります。
※裏からビスをもむのではなく、表からビスを入れると作業がしやすく、きれいに穴が広がります。

⑤部品取り付け

ビスを部品で固定すれば完成です。

部品が新しくなると、家具全体が新しくなったような印象を与えます。
新しい年を迎える前に部品の状態を見直してみてはいかがでしょうか。

-----------------------------
修理の詳細は こちら
修理のお問い合わせは こちら

ソファの張替え修理 実例(N様邸)

今回ソファの張替えをご依頼いただいたN様は、ご両親から譲り受けたソファを自分仕様にして使うために張替をしたい、というとても素敵な理由で張替えをご依頼いただきました。

ソファの張替えも基本的にはダイニングチェアの張替えと同じ工程を踏んでいきます。
https://www.maruni.com/jp/blog/date/2020/07?post_type=blog
※椅子の張替修理 実例(Y様邸)2020/7/3投稿

今回は、上記記事ではご紹介できなかった張替えのこだわりをご紹介します。

①バネと木部の接合部

座った時にギシギシと音が鳴る原因の一つにバネと木部が擦れることにより、音が鳴ってしまうケースがあります。そのため、写真のように接合部を保護して音が鳴りづらくする工夫を施してあります。

②ボタン締め部

ボタン締めは、使ううちにウレタンがへたったり、生地が伸びてしまうことを防ぐ役割も持っています。今回お選びいただいたような無地の生地ではボタン締めがアクセントになり、クッションに動きが出て、シンプルながらエレガントな装いになります。

ボタン締めはひとつひとつ丁寧に手で絞めていきます。

③ウレタン(クッション材)

N様のソファのクッション材は、3層構造になっています。下に行くにつれて、ウレタンの硬さが増していきます。座面は硬過ぎても、柔らか過ぎても座り心地は良くなく、身体に負担をかけてしまいます。硬さの異なるクッション材を3層構造にすることで快適な座り心地を実現しています。

④生地の剥し

椅子でもソファでも張り生地の剥がし方に違いはありませんが、タッカーと呼ばれる留め金具を使用している量が大きく異なります。ソファはタッカー留めの個所も多くなり、剥がすのも一苦労です。
少し作業を手伝いましたが、一部分を剥がすだけでも作業が終わった後、手が震えてくるほど力のいる大変な作業でした。

⑤完成

家具は生地によって印象がガラリと変わります。
自分の好みではないから捨ててしまおうと思われる前に、張替えたら今のインテリアにマッチするのでは?と、一度弊社までご相談いただければ幸いです。

-----------------------------
修理の詳細は こちら
修理のお問い合わせは こちら
リビングチェアの張替えは こちら

1 / 512345